PAGE TOP

~6/1 佐賀県主催「子ども交流事業」参加者募集

明治の初め、佐賀藩士「島 義勇(しま よしたけ)」は、北海道に「五州第一の都(世界一の都)」を作ろうと都市計画を行い、今の札幌市の基礎をつくりました。
今年、明治維新150年・北海道命名150年の節目を迎えたことを記念し、佐賀県では、佐賀の子どもたちが北海道の子どもたちと交流する事業を行います。ものづくりソフト「マインクラフト」を活用し、150年前に北海道で夢を描いた島義勇にならって、未来の理想の街をつくるワークショップを、2泊3日の日程で、一緒に行います。
現在、佐賀県では、この事業に参加する北海道の小学生を募集しています。

応募方法などの詳細は、こちらをご覧ください。

●佐賀県主催「子ども交流事業」
・日程:平成30年7月31日(火曜日)から8月2日(木曜日)
・場所:北海道青少年会館コンパス(札幌市)
・参加費用:5千円
・応募締切:平成30年6月1日(金曜日)
・お問い合わせ先:未来の街づくりプロジェクト事務局(受託会社:佐賀広告センター内)
電話:0952-37-0544(平日9時から17時)