PAGE TOP

7/24 北海道150年遠隔交流授業『私たちが考える北海道150年』開催報告

北海道150年事業のパートナーである株式会社内田洋行さんと、札幌市立屯田北小学校、旭川市立陵雲小学校の3者は、北海道150年遠隔交流授業、授業テーマ『私たちが考える北海道150年』と題する公開授業を実施しました。
2018年は北海道命名150年目を迎える記念の年です。これからの北海道の発展性を考えるときに、子どもたちが北海道の歴史・魅力を振り返り、北海道に対する知識・愛着を高めることが重要であるとの考えのもと、実施しました。

詳しくは、こちらをご覧下さい。(株式会社内田洋行HPへリンク)

時期:2018(平成30)年7月24日(火)
会場:札幌市立屯田北小学校、旭川市立陵雲小学校
後援:北海道150年事業実行委員会、北海道教育委員会、札幌市教育委員会、旭川市教育委員会
特別協力:北海道社会科教育連盟、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社

屯田北小学校 本日のめあての再確認と陵雲学校の発表を聞く様子

陵雲小学校 シンボルキャラクターの発表の様子

私たちが考えた北海道150年シンボル