PAGE TOP

北海道が歩んだ150年、これからの未来に思いを馳せる空の旅「ODESSEY」

北海道150年事業実行委員会では、2018(平成30)年に、北海道150年事業の主役となる事業として、道民の皆さんや地域の視点を生かし、全道各地等で様々な主体(道民、企業、団体、市町村等)が実施する事業を「北海道みらい事業」として登録しています。
今回は、8月5日の記念式典でも上映させていただいた伊藤広大さんの映像「ODDYSEY」をご紹介します。

●映像概要
ドローン片手に松浦武四郎の足跡を追い、丸一年かけて道内各地を旅した様子を映像に仕立てました。
“偉人の通った道を辿る”と言えば聞こえは良いものの、いわゆる観光地ばかりを廻った訳ではありません。
我々が何気ない日常を過ごす場所に残る足跡。これを空から眺めた時、
そこで見た物はダイナミックで変化に富み、心から美しいと思える北海道の姿でした。
旅の最中に感じた、人史以前から続く自然の姿への感動。先人らが愛した雄大な大地、作り上げて来た歴史への想い。
この作品を通じ、そうした感情を少しでも北海道に関わる皆様と共有できれば幸いです。

映像は、YouTubeサイトのこちらをご覧ください。