PAGE TOP

北海道150年事業実行委員会では、2018(平成30)年に、北海道150年事業の主役となる事業として、道民の皆さんや地域の視点を生かし、全道各地等で様々な主体(道民、企業、団体、市町村等)が実施する事業を「北海道みらい事業」として登録しています。
今回は、伊達市能「摺上」実行委員会によるイベントを紹介します。

**********************

伊達市は仙台藩一門亘理伊達家の開拓が始まってから、
来年150年目の節目を迎えます。

その前年にあたる今年2018年は、
伊達家2代目で伊達政宗のいとこにあたる
「伊達成実(しげざね)公」の生誕450年です。

これを記念し、
7月22日(日)に伊達市で、仙台藩創作の能「摺上」が上演されます。

シテ(主役)は伊達成実公。
伊達軍が奥州の覇者となった「摺上原の戦い」を題材とした
勝修羅ものです。

マイナーな演目でありますので、分かりやすくレシーバーを利用して
上演中に同時解説(日本語、英語)もあります。

百数十年振りの本格復曲となるこの演目、
大変貴重な上演ですのでぜひお運びください!

チケットの発売は、
伊達市以外では4月28日からイープラスにて開始します!

詳しくは、「伊達能 摺上」ウェブサイトをご覧ください。